続・すみっこの記

富山生まれ下請けIT育ちのフリーライターが布団の中からお送りします

雪に関するカルチャーショック

f:id:yunokixxx:20120229195253j:plain

今日は都内でも雪が積もりました。交通機関の遅れに苦労された方も多かったのではないでしょうか。
私は北陸で生まれ育ちましたので、雪そのものには慣れているのですが、東京の雪景色は毎年新鮮に感じます。

今回は私が東京に出てきて受けた、雪に関するふたつのカルチャーショックについて触れたいと思います。

東京には消雪パイプがない

消雪パイプというものをご存知でしょうか。融雪装置という呼び方をする地域もあるかもしれません。

消雪パイプ - Wikipedia

雪の多い地域では、道路にパイプを埋め込み一定の距離をおいて水を四方に噴き出す装置がよく用いられています。水を用いて雪を融かす装置ですから、噴き出したそばから水が凍ってしまうような山間部では利用できませんが、私が生まれ育った北陸平野部では街の中の、ある程度幅のある道であれば必ず整備されていました。
この装置の恐ろしいところは、噴出した水と融けた雪が道路の端で巨大な水たまりを作り出すところです。横断歩道を渡るときなど、この幅の広い、足首ほどまでもある深い水たまりを越える必要がありました。

都内には消雪パイプがありませんので、巨大な水たまりに行く手を阻まれることもなく歩行者としては快適ですね。その代わり車を運転していらっしゃる方が苦労されていることと思います。
また、東京は坂が多い街でもあります。歩道のタイルにシャーベット状の雪を刷り込んだ坂道は歩行者の私にとっても強敵でした。

東京の雪は軽くて小さい

冬場関東に雪があまり降らないのは、日本海側に雪を降らせる雲が日本アルプスでせき止められるから、というのを小・中学校の理科で習った気がします。(間違っていたらごめんなさい。)
日本海を越えてたっぷりと水分を吸った雲が降らせる北陸の雪は、湿っていて雪の粒が絡まりあった状態で落ちてきます。直径2cmくらいのみぞれ寸前の雪がぼっさぼっさぼっさぼっさ降り続ける、それが北陸の冬です。傘を差して歩いているとだんだん傘が重たくなってきますので、雪を定期的に払いのけなくてはいけません。

都内で降る雪は北陸のそれにくらべると随分乾燥していて小粒ですね。傘を差していて「重い」と感じたこともありません。
東京の冬は雪よりも、冷たい乾いた風がつらいです。
かつて青森県の太平洋側出身の友人が「雪が降っていても傘を差さない」と言っていたのを思い出します。乾いた雪を風がすぐ吹き飛ばしてしまうからだそうです。

寒暖の差が激しくなってくると、いよいよ春が近づいてきたことを実感します。

それでは、また。

track feed すみっこの記