続・すみっこの記

富山生まれ下請けIT育ちのフリーライターが布団の中からお送りします

タスク駆動生活のすすめ

IT業界には「チケット駆動開発」という開発手法があるそうですね。
私はここ1ヶ月くらい「タスク駆動生活」を続けています。

タスク駆動生活とは?

習慣になっていないありとあらゆる作業をTODOリストに入れておく生活、これをタスク駆動生活と(勝手に)呼んでいます。

「燃えるごみをまとめる」「燃えるごみを捨てる」のようにうっかり忘れがちな作業や、「通勤中に読むつもりで買った本を鞄に入れる」「財布のレシートを捨てる」のような本当にささやかな作業まで、片っ端からTODOリストに入れておくのです。
最近では「おこづかい帳をつける」なんてタスクを登録していましたね。

1週間おこづかい帳をつけてみました - すみっこの記

タスク駆動生活のメリット

タスク駆動生活を始めたのは、

  • いろいろと習慣づけたいことがある
  • 何事も先延ばしにする悪癖を直したい

という理由があったからです。
TODOリストのタスクを起点に行動を起こすタスク駆動生活には

  • タスクを登録することで作業があることを意識できる
  • タスクを実行後、ステータスを「完了」にすることで達成感を得られる
  • タスクを放置しておくとなんだか気持ち悪く感じる

というメリットがあります。
特にタスクのステータスを「完了」にしてリストから消す達成感は絶大です。
おかげで、今ではおこづかい帳をつけることがすっかり習慣となり、タスクに加える必要がなくなりました。今は、「ストレッチをする」というタスクを1週間分登録して実施しています。

今年はタスク駆動生活でより良い生活を目指したいと思います。

 

それでは、また。

track feed すみっこの記