続・すみっこの記

富山生まれ下請けIT育ちのフリーライターが布団の中からお送りします

『ゆるい生き方 ストレスフリーな人生を手に入れる60の習慣』を読みました

カバー折り返しの「ビジネス書を読んでもしっくりこない人へ」というフレーズに心惹かれて、本田直之『ゆるい生き方 ストレスフリーな人生を手に入れる60の習慣』を読みました。

f:id:yunokixxx:20120415165511j:plain

「カリカリした生き方」をしないために

この本では筆者が自分の経験を振り返って考えた「カリカリした生き方」をしないための方法を、「思考」「環境」「行動」の面から説明しています。
特に筆者が一年のうち多くを過ごすハワイと、ニューヨークや東京などの大都市の間での、人々の思考や行動、雰囲気がしばしば比較されており、ハワイという環境が持つ空気を筆者がいかに愛しているかが伝わってきます。

カリカリした生き方をしないためには時間と心にゆとりを持たなくてはならないとし、そのために以下のような思考・環境・行動がすすめられています。

  • 自分自身の意思を尊重しよう
  • ゆとりのない都市生活に呑まれないようにしよう
  • 諦めたり切り捨てたりするべきものは思い切って捨ててしまおう

後の『ノマドライフ』へ

先に『ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと』を読んでいたのですが、『ゆるい生き方』は後の『ノマドライフ』に繋がっていると感じました。
『ゆるい生き方』に能動的なビジネスの思考を加えたのが『ノマドライフ』であるような気がします。

 

電車の中でも読みやすい文章量と語り口でした。

それでは、また。

track feed すみっこの記