続・すみっこの記

富山生まれ下請けIT育ちのフリーライターが布団の中からお送りします

働き方なんてなんでもいいのかもしれない

このごろ知人の退職や転職が相次ぎました。さらに『ノマドライフ』『若者はなぜ3年でやめるのか?』を読んだことによって、今後の雇用・就業形態について改めて考え直しました。
大事なのはどんな雇用形態かというよりも、本人の満足度ではないかと思ったのです。

f:id:yunokixxx:20120417202918j:plain

フリーターという生き方

私が初めてフリーターという働き方に触れたのは、大学時代アルバイトをしていたお店です。一緒にアルバイトをしていたのはほとんど大学生だったのですが、ひとりだけ高校を出てフリーターになった女の子が働いていました。
大学生は講義やゼミがあるので、どうしても夕方からのシフトに集中してしまいます。時間に自由のきくその女の子はほとんど毎日のように昼間のシフトに入って いました。そこはその地域にしてはかなり時給のいいお店でしたから、彼女は中小企業の新入社員くらいには収入を得ていたと思います。
実家住まいの彼女は稼いだお金でネイリストのスクールに通ったりもしており、その生活に満足しているように見えました。「こういう生き方もあるのか」と新鮮に感じた記憶があります。

入った会社を辞めた人たち

私と同世代の友人、知人にも正社員として入社した会社を辞めた人たちの話題を聞くことが多くなりました。
たとえば、夜型の会社から朝型の会社へ転職し、「収入は少なくなったけど、残業が減って自分のために使える時間が増えたし、何より健康的な生活ができるようになった」と言っている友人がいます。
また、正社員として入社した会社が合わず、非正規雇用でも自分が好きなこと、やりたかったことを実現できる業種に飛び込んでいった人達もいます。大学時代塾 講師をやっていた友人は最初に入った会社が合わず、再び塾講師の仕事を始めました。「教えることが楽しい」と言い切る姿は羨ましい限りです。
そして、より挑戦的なビジネスをしていきたいと会社を辞めて起業した友人もいます。業種としては「コンサルタント」なのでしょうが、その中でも地方都市ではあまりやる人のいない分野を手掛けており、手ごたえも感じているようです。

重要なのは本人の満足度

『若者はなぜ3年でやめるのか?』では、年功序列・終身雇用制度が「詰んだ」ことによって企業や、ひいては日本社会自体が力を失っていくことが問題視されてい ました。確かに、企業の立場――企業の中にいることで満足し、恩恵を受けている人たちの立場に立つと、会社の力が弱まっていくことは大きな問題です。
しかし、『ノマドライフ』が取り扱った「ノマドワーキング」が話題になるなど、自分自身の満足感や目標達成を目的に働き方や働く場を選ぶ人たちが増えていま す。自分が欲しいスキルを磨き、自分が求める環境を探す働き方が一般的になれば、「既にある会社のシステムの中に入っていく」よりも、「目的を同じくした 集団に加わる」ような雇用・就業形態が増えていくのではないかと思いました。

 

いろいろな人たちの話をきいて、いろいろな働き方に触れてみたいものです。

それでは、また。

track feed すみっこの記