続・すみっこの記

富山生まれ下請けIT育ちのフリーライターが布団の中からお送りします

『7つの習慣―成功には原則があった!』を読みました

ライフハック系ブロガーさんたちが必ずといっていいほど読んでいるので、スティーブン・R・コヴィー『7つの習慣―成功には原則があった!』を読んでみました。
手 に取ってみるとまあ分厚い!500ページ近いハードカバーの本です。著者が関わってきた事例や実体験などを豊富に交え、より確実に成果を挙げ、目標を達成 するための「7つの習慣」が紹介されています。文章量もさることながら、内容が充実しているので読むのに1週間もかかってしまいました。

それでは私自身の復習をかねて、7つの習慣について簡単に紹介します。

f:id:yunokixxx:20120420201734j:plain

7つの習慣とは?

第1の習慣:主体性を発揮する

第1の習慣は「主体性を発揮する」ということでした。
自分自身に働きかけることは誰にでもできることです。物事に対して関心を持つだけでなく、自分からはたらきかけていくよう心がけることが大切です。例えば「○○を持ちたい」ではなく、「○○を持とう」となるように意識を持つべきなど。

第2の習慣:目的を持って始める

第2の習慣は「目的を持って始める」ということでした。
何かを始めるときには目的を持たなくてはいけません。目的地が明確でなければゴールにはたどり着けないからです。ですからこの目的は的確かつ明確である必要があります。
この本では、自分の本来の目的・目標を見失わないために、ミッションステートメント(政党のマニフェストのようなもの)を書くことをすすめられています。

第3の習慣:重要事項を優先する

第3の習慣は「重要事項を優先する」ということでした。
人にはそれぞれ「スタッフ」「(両親にとって)娘」のような役割があります。そして、それぞれの役割にそれぞれの重要事項が存在しています。たとえそれが緊急事項でなくとも、その重要事項を意識し優先することが自身の意識や作業効率、人間関係の総合的な向上に繋がります。

第4の習慣:Win-Winを考える

第4の習慣は「Win-Winを考える」ということでした。
多 くの場合、Win-WinまたはNo deal、すなわち「どちらにとっても得か、そうできないなら実施しないこと」を念頭に置いて決定を下した方が、他者と何かをするときには上手くことが運 びます。相手のWinを考えることが誠実さの表れとなりますし、かといって自分からすすんで損をする理由もありません。

第5の習慣:理解してから理解される

第5の習慣は「理解してから理解される」ということでした。
他 者との対話では感情移入して相手の話を聞くことが重要です。ここでいう「感情移入」とは相手の話を聞いてそこに自己を投影するのではでなく、自己の中に相 手を投影するということです。つまり相手の立場を理解し、相手の心情を理解し、相手の問題を理解するということであり、それが問題解決の近道になるという だけでなく、相手から信頼を勝ち取ることにもつながります。

第6の習慣:相乗効果を発揮する

第6の習慣は「相乗効果を発揮する」ということでした。
この世に同じ人間はひとりとしていません。立場や感じ方、得意なことや不得意なこと、抱えている問題や求めていることなど、人にはそれぞれ相違点があります。自分と相手との相違点を尊び、理解し、組み合わせることで共同事業の効果をアップさせることができます。

第7の習慣:刃を研ぐ

第7の習慣は「刃を研ぐ」ということでした。
ここでいう刃は肉体・精神・知性・情緒を全て含めた自分自身のことです。肉体を健全に保ち、精神を定期的にリフレッシュさせ、読書によって知性を磨き、情緒豊かに過ごす。そうした自己投資を行うことで自身のコンディションを整えておくことはとても重要なことです。

学べることは7つだけではない

上で紹介した7つの習慣は確かにクリアしていくことによって生活の質を向上していくことができます。しかしこの本から学び取れることはこの7つだけではありません。

例えば第3の習慣の説明の中に、人に仕事を割り当てる(デレゲーション)ときに必要な項目があげてありました。確かにこれらの項目を満たしている指示は動きやすいなと感じます。(この「必要な項目」についてはいずれ話題にしてみたいものです。)

ま た第2部の「相互依存」についての話に入ったとき、他人との信頼関係を強固にすることができる6つの行いが提示されていましたが、人望のある人というのは こういうことを自然とやっているのだと気づかされました。(この6つの行いについてもいつか改めて触れてみたいです。)

 

私の場合、まず自分の役割と目標を見つめなおし、ミッションステートメントを作ろうと思いました。

 

それでは、また。

track feed すみっこの記