続・すみっこの記

富山生まれ下請けIT育ちのフリーライターが布団の中からお送りします

『シゴタノ!手帳術』を読みました

RSS購読もしているブログ「シゴタノ! 仕事を楽しくする研究日誌」の執筆メンバーによる倉下忠憲/北真也(著)、大橋悦夫(監修)『シゴタノ!手帳術』を読みました。
@rashita2さんと@beck1240さんが実際に行っている「ほぼ日手帳カズン」とクラウドサービスを組み合わせたライフログやタスク管理、目標設定などの手法を紹介した本なのですが、その内容のほとんどは、「ほぼ日カズン超いいよ!!」と著者ふたりが感じているのが伝わってくる、「ほぼ日カズンを使い倒す方法」でした。

f:id:yunokixxx:20120421075842j:plain

なぜその使いかたをするのか?

この本は共著であるがゆえに、それぞれの著者がどのような環境に置かれているのか明らかにしたうえで書かれています。たとえば「職場でクラウドサービスは使えない」や「夜勤のある環境で働いていた」など、「なぜその使いかたをする必要があったか?」がきちんと明らかにされているのはとても好感が持てました。
こうやって行為(今回で言えば「ほぼ日カズン」を使うこと)の理由がきちんと明確になっていれば、私のように手放しで「iPhoneがいいよ!」「ほぼ日がにすべきだよ!」と礼賛されるとかえって胡散臭く思ってしまうようなひねくれ者でも受け入れやすいというものです。
そして、その前提をふまえた上でご本人たちの実際の使用例が写真やフローチャートも交えて説明されており、見ているうちに「なんで私、『ほぼ日』使ってないんだろう……!」という気分にさせられます。

やっぱり手書きが好き!

この本で一番共感したのは「手帳が好きだから手帳を使う」という言葉でした。私はTODOリストをスマホアプリで管理しながらもペーパーブランクスの手帳と無印良品の無地ノート(現在は単行本ノート)を併用していますが、これも私にとって「考える」という行為に「書く」ということが不可欠だからです。
だからこそ私も好きなボールペンや好きなノートを探すのに余念がないのですが、ペンや手帳、それからアプリやサービスに対するこだわりが書かれた部分はとてもわくわくしました。

自分に足りないのは「目標の設定」だ

今回読んでみて反省したことは、自分の手帳には「目標」が書かれていないということでした。
会議や飲み会などの「予定」、食べたものやウォーキングの距離、あるいは日記といった「ライフログ」「思考ログ」は書いていても、「目標」を掲げていないなということに気づかされたのです。
ちょうど『7つの習慣』を読んだばかりということもあり、読み終えてすぐ自分が担っている役割にはどんなものがあるか、付箋に書いて手帳に貼り付けておきました。今後は週次レビューで考える毎週の目標を、きちんと手帳に書き記しておきたいと思います。

 

それにしてもほぼ日手帳いいなあ、楽しそうだなあ。
今のスタイルは高校時代からの試行錯誤の結果なので、しばらくは変えるつもりがないんですけどね。

それでは、また。

track feed すみっこの記