続・すみっこの記

富山生まれ下請けIT育ちのフリーライターが布団の中からお送りします

『「原因」と「結果」の法則』を読みました

なんだか「みんなが読んでいるから」シリーズと化していますが、名著だと聞くジェームズ・アレン『「原因」と「結果」の法則』を読みました。

1902年に書かれたにも関わらず今も読まれているだけあって、「物事には原因があるから結果がある」という普遍的な法則について述べられていました。原題は"AS A MAN THINKETH"Google先生に訊いてみると「考えたとおりに」という意味だそうです。

邦題の通り、物事には「原因」があるから「結果」があります。そしてここでいう「原因」とは考え方やビジョン・理想のことを指し、「結果」とはその人が置かれる状態や習慣、行動の結果や人生の結末のことを指します。つまり、原題の通り人生は「考えたとおり」になるのです。

このシンプルな法則はあらゆるところに見られます。
思い描く理想によって人格は作り出される。
良い考え方によって良い習慣は作り出される。
良い生活を心がけることによって良好な健康は保たれる。
目標を掲げることによって成功が得られる。

大仰な言い回しもなく、ややこしい理屈もない、100ページにも満たない本なので、一読してみるのもいいかもしれません。

それでは、また。

track feed すみっこの記