続・すみっこの記

富山生まれ下請けIT育ちのフリーライターが布団の中からお送りします

日次レビューを導入してみた

最近土曜日はもっぱら週次レビューを実施してからプールへ、というコースになっているゆのきです。

ちょうどこのブログを始める少し前から週次レビューを行うようになりましたが、最近週次レビューだけでは不都合を感じることが多くなってきました。

  • Inboxにタスクが溜まりすぎ、週次レビューに時間がかかる
  • 週次レビューの時点で意義・理由を思い出せないタスクがある
  • 週頭の記憶がおぼろげになっている

そんなことを考え始めた折、こちらの記事に刺激を受け、自分も週次レビューの分割を行ってみることにしました。

土日に休むためにメンテナンス的ルーチンの見直しをしてみた | 化学系メーカー研究職です
週次レビューの分解についても同様です。今まではチェックリストに沿って一度に週次レビューを行う形にしていましたが、消耗品の在庫チェックと同様に、週次レビューをいくつかのセットに分解して、平日に分散させま ...

日次レビューのフロー

私はこれまで行っていなかった日次レビューを導入することによって週次レビューの負担を軽くすることを試みました。

日次レビューは以下のようなフローで、翌日の早朝に行っています。

  1. 前日までにInboxに溜まった項目を見直す
  2. 今すぐできるタスクは今すぐやる
  3. 後から(昼間や夜、次の日など)やるべきタスクはTODOリストに追加する
  4. それ以外のタスクは週次レビューで見直すことにする

日次レビューの効果

日次レビューを行うことによって次のような変化が現れました。

  1. TODOリストがごちゃごちゃしなくなった
  2. Inboxにタスクを加えやすくなった
  3. 1日のスタートが爽快になった

まず1点目についてですが、これまで私は何かアクションを思いついたとき、「これは後日やるべきタスクだ」と思うとすぐにTODOリストに加えていました。そのためTODOリストがごちゃごちゃしがちだったのですが、一旦Inboxに入れるというステップを踏むことでそれを避けることができるようになりました。

2点目は自分でも意外な効果でした。どうやら私は週次レビューで腰を据えて振り分けるべきタスクがInboxの中に増えてしまうのを嫌がり、「ささいなことだ」と思ったものはInboxに加えずその場で忘れていたようなのです。これではInboxの意味がありません。日次レビューを行う甲斐があるというものです。

3点目についてですが、日次レビューとタスクの消化を朝に行うのは、私自身朝が一番頭が冴えており、意欲もあるからです。冴えた頭とエネルギーに満ちた身体で1日の始まりにいくつかのタスクをこなすことは、朝から達成感を味わうことができ、とても爽快な気分になることができました。

これからも気持ちよく1日を始めるために、日次レビューを続けてみたいと思います。

 

それでは、また。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

track feed すみっこの記