続・すみっこの記

富山生まれ下請けIT育ちのフリーライターが布団の中からお送りします

手帳の使い方を見直したら毎日の記録にメリハリがついた

先週こんな記事を書いていたゆのきです。

手帳の使い方を見直してみた - すみっこの記
こうして書き出してみると随分課題があるものですね。来週あたり、手帳ビフォーアフターなんて記事を書こうと思います。 ...
宣言通り、「手帳の使い方を見直してみた THE AFTER」を書きにやってまいりました。

先週ご紹介した手帳の見開きがこちら。

f:id:yunokixxx:20120514205218j:plain

そして記載事項を見直した後の手帳の見開きがこちらになります。

f:id:yunokixxx:20120520212454j:plain

どうでしょう?付箋がふえて、記録が整然としたように思います。

今回見直したこと

冒頭で紹介した前回の記事で私が反省したのは、以下のような点でした。

  • 予定の月ページへの転記が不十分
  • 日記の内容が毎日バラバラ
  • 週の目標が左下に書いてあって目に入りにくい
  • Doingリストがない
  • その日の目標とそれに対する反省がない
  • 数ヶ月先のスケジュールがほしい

予定の月ページへの転記が不十分ということについてはこの画像からは分かりませんが、ちゃんと転記するよう心がけるようにしました。

日記の内容が毎日バラバラ・その日の目標とそれに対する反省がない状態だったので、次のようなフォーマットを設け、そのフォーマットを付箋に書いて貼っておくようにしました。(右下に貼ってある青い付箋です。)

  • その日絶対やるべきことと、その結果
  • その日朝・昼・夜にやったこと
  • その日読み始めた/読み終わった本

週の目標が左下に書いてあって目に入りにくかったことについては、これまで通り右下のNOTESに目標(とその反省)を書くのとは別に、左上にも書き写すようにしました。これでページを開く度、毎回目に入るようになりました。

Doingリストがなかった・数ヶ月先のスケジュールがほしかったので、こちらも日記のフォーマットと同じように付箋に書いて貼りました。ふっとやることが思いつかなくなったとき、「ああ、あれに手をつけているんだった」「あの予定どうしようかな」と思い出して手を動かすことができるようになりました。

今回の見直しで感じた問題点

今回最も書き方に変化が出たのは日記の部分でしょう。これまで思いついたことを思いつくまま書いていた欄に、ひたすら行動録を書くようになりました。おかげでその日何をしていたか分かるようになったのですが、それだけの領域を確保することができず、その日感じたことを書くことができなくなってしまいました。

ああ「ほぼ日カズン」が窓に!窓に!

 

それでは、また。

track feed すみっこの記