読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・すみっこの記

富山生まれ下請けIT育ちのフリーライターが布団の中からお送りします

「生きること」「働くこと」以外を投げ出してみて分かったこと

体調不良により、1週間程「生きること」「働くこと」以外を投げ出していたゆのきです。

具合が悪いときこそ記録を怠らない - すみっこの記
圧倒的なエネルギー不足です。こういうときにはあらゆることを手放して最小限のエネルギーで生活し、エネルギーを蓄える必要があるということをこの数ヶ月で学びました。 ...

体重やその日食べたもの、その日何をしてどんな気分であったか……という記録は残しても、タスク管理的なことや習慣となっていた朝夜の活動のほとんどをやらずにいました。

私がやらなかったこと

今回私がエネルギーをセーブするにあたってやめたり、規模を縮小した行動は以下の通りです。

  • 朝のジョギング
  • 自炊・お弁当持参
  • タスク駆動生活
  • 昼休みの勉強
  • おこづかい帳をつけること

私の身に起こったこと

それでは、「寝る」「働く」以外の活動をほとんどせずにいた私の身には何が起こったのでしょうか。

朝のジョギング

朝のジョギングをやめたことで、たっぷりと二度寝をするようになりました。しかしこれはあまりよくなかった。中途半端に寝たせいかかえって眠気が後をひくようになり、仕事に行く意欲が低下してしまったのです。

自炊・お弁当持参

私は料理を主に朝やっていたので、二度寝をするようになると必然的に自炊とお弁当作りが疎かになりました。自炊でもしないと野菜を食べるということをしなくなるので、自然と栄養バランスが偏るようになりました。

タスク駆動生活

タスク駆動生活とは私が勝手に命名した、「習慣になっていないあらゆる作業をTODOリストに入れておく生活」のことです。

タスク駆動生活のすすめ - すみっこの記
習慣になっていないありとあらゆる作業をTODOリストに入れておく生活、これをタスク駆動生活と(勝手に)呼んでいます。 ...

普段は「あ、今日はタスクが少ない。じゃああれとこれもできるな!」とタスクを前倒しにしたり、別のタスクを入れたりしていたのですが、今回それを縮小したことで部屋が荒れました。部屋の片付けや洗い物、洗濯までTODOリストに入れてから実行していたのだから当然の結果です。

昼休みの勉強

その前の週は昼休みに勉強(ネットワーク入門書の精読)を行っていたのですが、これをやめたことは少し心の安らぎを得ることに役立ちました。やはり昼休みは仕事から離れていたいものです。

おこづかい帳をつけること

おこづかい帳をつけているときはそれほど効果を感じませんでした(実際私が目標額に支出を収めるということはできませんでした)が、つけるのをやめた途端にその効果に気づくことになりました。自販機でちょっとした買い物をする癖が復活したのです。逆に言えば、おこづかい帳は私がちょいちょい「ちょっとした買い物」をするのを抑えていてくれたということです。

生活から彩りが消える

「寝る」「働く」以外のことを片端から放り出してみて実感したのは、生活は仕事以外の活動に彩られて成り立っているということでした。やりたくもないことだけが目に前にあり、やりたいことはひとつもできない状態。もう世界が灰色です。

エネルギーも充填しましたし、これからまた元通りの生活に戻していきたいものです。

それでは、また。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

track feed すみっこの記