読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・すみっこの記

富山生まれ下請けIT育ちのフリーライターが布団の中からお送りします

『記録するだけでうまくいく』を読みました

心療内科にかかるようになってから、ライフログの重要性を実感するようになったゆのきです。ライフログについて改めて考えるべく、佐々木正悟,富さやか『記録するだけでうまくいく』を読みました。

記録するだけでうまくいく

記録するだけでうまくいく

  • 作者: 佐々木正悟,富さやか
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2012/03/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 23回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る

ライフログを取っていない人にも、取っている人にも

この本は特にライフログに興味はあるが、その意義とやり方がわからない人に読んでもらいたい本だと思いました。具体的なシチュエーションを挙げ、それぞれどのような手法で記録を取り、活用していくかが丁寧に説明されているからです。とりわけ、iPhoneユーザーには大変有益な内容であることでしょう。

一方、既にライフログを取っている人には「何を今更」と感じるところもあるかもしれません。ライフログの取り方と活用法をある程度身につけている人にとっては、基本中の基本のような内容が多いからです。

しかし、基本中の基本が述べられているからこそ、ライフログを取ることの意義を再確認し、自身のログの取り方の見直しを行うチャンスを与えてくれるような一文が随所に見られます。

ライフログを取る意義とは、自分の

  • 存在
  • 力量
  • 行動

を正しく理解することです。私は特に、「ダイエットを記録しよう」「仕事を記録しよう」の章でそれを感じました。

レコーディングダイエットの仕組み

レコーディングダイエットとは、その名の通り「食べたものを記録する」だけのダイエットです。食べたものを記録するだけで痩せる理由が、この本では「記録をつけることによって食べることを意識的に行うようになる」と説明されています。

これまで無意識に口に入れていたものを意識するようになる、すなわち「自分の行動の再認識」です。

ワークログを取るメリット

それぞれの作業についてかかった時間を記録することは、時間の使い方が正確になることにつながります。時間の使い方が正確になると、次のようなメリットが生まれます。

  • できもしないようなことをしなくなる(余計なコストの削減)
  • できるはずのことを怯えずにするようになる(可能性の拡大)

自分の力量や存在の大きさを正しく認識する、すなわち「自分の存在・力量の再認識」です。

 

この本を読んで、数ヶ月ぶりにマネーログ(といってもおこづかい帳程度のものですが)を取り始めました。以前は表計算ソフトでの記録を行っていましたが、今回は以下のアプリを使って記録しています。

家計よさん簿
Graceful Garden
価格:undefined  平均評価:4.2(277)

それでは、また。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

track feed すみっこの記