読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・すみっこの記

富山生まれ下請けIT育ちのフリーライターが布団の中からお送りします

2012年上半期を振り返る

「すみっこの記」廃墟

「うつ状態による休職」という状況で2012年上半期を終えたゆのきです。ここいらでひとつ、2012年の前半がどのようにして過ぎていったかを、ブログ記事と当時読んでいた本で振り返ってみたいと思います。

1月

年末からの体調不良を引きずり、喪中のため控えめな正月となった実家で寝込んだまま迎えた2012年。もしかすると、このとき私は既に「休職に至る道程」の半ばにいたのかもしれません。月の前半に始めたFate/stay nightポケモンホワイトも序盤で投げ出し、自分の置かれた現状と将来の不透明さを鬱々と嘆く日々が続きました。

フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア] PlayStation 2 the Best

フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア] PlayStation 2 the Best

ポケットモンスター ホワイト

ポケットモンスター ホワイト

沈んだ気持ちがみるみるうちに不眠や希死念慮などのあからさまな抑うつ症状に変化し、とうとう心療内科にかかったのが1月下旬。その頃にはまとまった長さの文章が読めなくなっておりライフハック系ブログをめぐったり何も考えずに読める漫画を読んだりしてすごすようになっていました。

ドリフターズ 1巻 (ヤングキングコミックス)

ドリフターズ 1巻 (ヤングキングコミックス)

椎名くんの鳥獣百科(1) (アヴァルスコミックス)

椎名くんの鳥獣百科(1) (アヴァルスコミックス)

ちなみにこの頃歯科通いを始め、まず最初に親知らずを抜かれました。あんなにも毎日ロキソニンを飲んだことはこれまでありません。

2月

2月前半はうつ症状のピークでした。ヤバいこれは仕事どころではない、と同じ職場の先輩や上司に心療内科に通っていることを打ち明けたのはこの頃です。また、この頃「かつてうつと診断されたことがある」と友人にカミングアウトを受け、慰めと労わりの言葉をもらったのは大変ありがたかったです。

2月も後半になると薬の効果が出始め、うつ症状は次第にマシになっていきました。うつから立ち直り始めた私が出会ったもの、それがGTDというフレームワークでした。このブログを始めたのも、アラサーにしてロリータに目覚めたのもこの頃です。

いまブログをはじめる理由 - すみっこの記
TwitterFacebookなんかが流行ってる時代になぜいまブログを始めるかといいますと「会社で働くようになってから明らかに頭が悪くなった」と感じたからです。 ...

ゴシック&ロリータバイブル Vol.43 (インデックスムツク)

ゴシック&ロリータバイブル Vol.43 (インデックスムツク)

3月

3月に入る頃になると、残業などで負荷をかけさえしなければ、ほとんど普通の生活が送れるようになっていました。まとまった量の文章も読めるようになり、ビジネス書を手に取るようになりました。

通いたくなる本屋さんの条件 - すみっこの記
本屋さんが好きです。時間があるときに本屋さんの前を通りかかったら、とりあえず入ってみようと思うくらいには好き。 ...

「うつ」とよりそう仕事術 (Nanaブックス)

「うつ」とよりそう仕事術 (Nanaブックス)

  • 作者: 酒井一太
  • 出版社/メーカー: ナナ・コーポレート・コミュニケーション
  • 発売日: 2011/12/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 5人 クリック: 55回
  • この商品を含むブログ (13件) を見る

ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則

ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則

4月

4月になって、どういうわけだか勤務時間が長くなりました。加えて、少しずつ少しずつ残業が増えるようになっていきました。

心療内科に通っています - すみっこの記
新年度をむかえ、身の回りに否が応にも変化が起こりそうな今だからこそ、この3ヶ月のことを振り返ってみようと思いました。 ...

それでも私は元気でした。とうとうロリータデビューを果たし(六義園に夜桜を見に行きました)、毎朝ウォーキングをし、土曜日にはプールに通うようになりました。

また、かの「アシタノワークショップ」に参加したことで、「ゆのき」というペルソナがリアルにも顔を出すようになっていきました。

本当に楽しかった!「第1回アシタノワークショップ」に参加しました #ashitanoWS - すみっこの記
こうしたワークショップやセミナーに参加するのは初めてのことでドキドキしながら当日を迎えましたが、大変有意義な時間を過ごすことができました。 ...

5月

5月に入ると疲労の蓄積を露骨に感じるようになってきました。毎朝身体が重くて仕方ないのです。前半は毎朝のウォーキングをランニングに切り替えたりとまだ元気だったのですが、残業が増え、仕事の内容に疑問を抱くようになり、仕事へ行けなくなることがありました。

会社に尽くすってなんだろな - すみっこの記
「働きたくない」と言いながらも職場で作業がないと覇気がなくなりますし、今の仕事をやめて誰かが養ってくれたとしても自分から仕事を探す気がします。 ...

6月

6月にもなると、うつ症状は2月のピーク時と同等か、それ以上にひどくなっていました。朝の運動が出来なくなったどころか、起き上がることすらできなくなりました。職場に行く途中で足が動かなくなって家に引き返すこともあり、とうとう診断書をもらって休職に入ることになりました。

【休職日記】Vol.4 東京へ戻ってきました - すみっこの記
もしかすると化粧というのは、社会と繋がろうという意思の上に行われる行為なのかもしれないと感じました。「誰にどんな風に見られようとどうでもいい」と思っていれば、ファンデーションで肌を整えたり、チークで血 ...

一旦実家に帰っても、1日のほとんどを寝てすごしていました。「何かしたいのに何もできない」ことにパニックになり、「東京に帰りたい」と嘆いていたのは記憶に新しいところです。

さよなら絶望先生(29) (講談社コミックス)

さよなら絶望先生(29) (講談社コミックス)

さよなら絶望先生(28) (講談社コミックス)

さよなら絶望先生(28) (講談社コミックス)

東京に帰ってくるといくらか思考もマシになり、自転車を買ったことで行動範囲が広がりました。長かった歯科治療も6月と共にめでたく終了となりました。

 

こうしてみると休職にまで至った原因は、ちょっと元気になって調子に乗り、負荷が一気に大きくなりすぎて自爆したことのように思えます。

2012年の後半は、何とかして元気になりたいものです。

それでは、また。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

track feed すみっこの記