続・すみっこの記

富山生まれ下請けIT育ちのフリーライターが布団の中からお送りします

このブログは「宛先のない手紙」だった!「つなカン」に参加しました #tunakan1

大橋会館に場違い極まりないロリィタファッションで現れたゆのきです。

7月22日 繋がるカンファレンス(東京都)
テーマ:初めての情報発信 初めての情報発信というキーワードで、SNSやブログでの 個人による情報発信メリットや活用方法について一緒に学んでいきます。 ...

繋がるのに程よい規模感

第1回「つなカン」は45人という規模で行われました。これは会場を見渡せば一通り参加者の顔が見える上限の規模だったのではないかと思います。

私は前日はTwitterで、当日はブログで「ロリィタで参戦するよ」宣言をしていたのですが、計画通り、これまで直接話したことのない方でも私を見つけ出して話しかけてくださいました。

f:id:yunokixxx:20120723123713j:plain

引っ込み思案&人の顔を覚えられないのでとても助かりました。話しかけて下さった皆様、どうもありがとうございました。

「すみっこの記」は「宛先のない手紙」だった

各講演と、ブログへのフィードバックで思い知らされたのはこのブログが「宛先のない手紙」だったということでした。

そもそもこのブログは、以下の理念をもって書き始めたものです。

ネット上にある限り、私の言葉を誰かが目にする可能性はゼロではありません。
そんな緊張感をもって、自分の考えを誰かに伝える練習のためにブログを書き始めようと思います。

いまブログをはじめる理由 - すみっこの記
TwitterFacebookなんかが流行ってる時代になぜいまブログを始めるかといいますと「会社で働くようになってから明らかに頭が悪くなった」と感じたからです。 ...

つまり、このブログを始めた当初、私はこのブログを読んでもらいたい相手を搾っていないどころか、想定すらしていなかったのです。ある意味、このブログが「宛先不在」のまま続いてきたのは当然とも言えましょう。逆にいえばこのブログを読んで下さっている方々は、私が瓶に詰めて東京湾に流した手紙を、偶然拾って開けてみて下さった方々なのです。

しかし今の私は「ブログを通して誰かと繋がりたい」という情熱を持っています。例えば、ブログにちょっとした彩りを添えたいけれど、絵を描けない・描く暇がないあなた。例えば、ブログパーツなんかを作ってみたいけど、JavascriptどころかHTMLの知識だってないよ、というあなた。

そんな「あなた」と繋がるために、これからは「宛先」を意識したブログを書いていこうと決意しました。

キャラづけは「共感」や「興味」につながる

@さんが講演中で「小さくも力強いブロガー」という表現をしていらっしゃいましたが、「小さくも力強いブロガー」であるには、キャラづけが大きな役割を果たすのだと感じました。ここでいう「キャラづけ」とは何も@さんのようにパワフルな、@さんのようにスマートな、@さんのようにスタイリッシュなキャラクターであれ、ということではありません。

  • 何が好きなのか
  • 何を語れるのか
  • 何に情熱を傾けているのか

というような要素を印象づけていくということです。これらの要素を読者に印象づけていくことで、「共感」や「興味」を呼び起こすことにつながるのです。

例えば今回私の姿を目にした方は、「『すみっこの記』の人=ロリィタファッションの人」という印象を持たれたでしょうし、実際にお話しした方は「巣鴨クラスタ」「富山クラスタ」という印象を持たれたことでしょう。

このような、

というキャラづけは、これからも全面に押し出して行きたいと思います。

これから挑んでいきたいこと

今後の「すみっこの記」は、

  • 宛先のある記事を書く
  • キャラづけをしていく

ことを念頭において書いていきたいと思います。

そして@さんとお話しさせていただいて、二足のわらじを履く生活をしたいと改めて強く感じました。そのためにも、素材配布・ポートフォリオサイトとしてのWordpressのサイトを作成したいです。せっかく仕事でWordpressをがしがし触ってきたのですから、その頃のノウハウを生かして人に使ってもらわないともったいないですよね。

 

これからも東京のすみっこから愛をこめて、情報発信を続けていきたいと思います。

それでは、また。

track feed すみっこの記