読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・すみっこの記

富山生まれ下請けIT育ちのフリーライターが布団の中からお送りします

暑い夏、涼しくお洒落に浴衣を楽しむお手軽な方法

「すみっこの記」廃墟

浴衣が好きなゆのきです。着付けもちゃんと自分でやりますよ。

ビアガーデンに花火大会、もちろんオフ会だって、女性の華やかな浴衣は夏のイベントに趣と彩りを添える素晴らしい装いです。でもね、浴衣の季節ってつまり夏じゃないですか。汗かきな人は特に襟元の汗とか、気になりませんか?

ひとつ上のお洒落に付け襟はいかがでしょう?

私は2本浴衣を持っていますが、ちょっと気合を入れて買った黒い綿絽の浴衣には綿の付け襟をつけています。藍色と白の格子柄と、深紅に白の格子柄を重ねた渋い柄です。伊達襟?みたいに見えてさらに高級感が出ます。綿の帯に飾り紐も付けることが多いので、とっても気合の入ったいでたちになります。

そうして、浴衣を繰り返し着ようと思うけど何か襟元が気持ち悪い……と思ったら付け襟だけ手で洗えばいいのです。いちいちクリーニングに出さなくていいのでとっても経済的です。

お手がるなお洒落に付け襟もどきはいかがでしょう?

ところで、浴衣の着付け教室(本当は元々着れたのですが、ちゃんとした畳み方を習いたくて参加したのです)でオマケでもらった白地に金魚柄の浴衣にはとくに何もしていませんでした。我ながら値段を見ての対応が露骨すぎると思います。

今年はこちらの浴衣にも付け襟をつけてやりたい、しかし出費は控えたい……と思い、簡単な「付け襟もどき」を考案してみました。

付け襟もどきの材料は以下の通りです。

  • 手ぬぐい
  • 安全ピン

これだけ。それでは「付け襟もどき」の実装方法(……)です。

  1. 手ぬぐいを横に四つ折にする。
  2. 襟の内側の真ん中の縫い目のところに、折った手ぬぐいを安全ピンで取り付ける。

これだけ。安全ピンは襟の表に出ないように気をつけて下さい。実装例がこちらになります。

そして実際に着用した例がこちらです。撮影用にちゃちゃっと着た上、両手を上にあげて写真を撮ったのであんまり綺麗じゃないですが、その辺りは許してください。

f:id:yunokixxx:20120808141620j:plain

可愛い付け襟、手ぬぐいを使って浴衣を楽しんでみてくださいね。

それでは、また。

track feed すみっこの記