続・すみっこの記

富山生まれ下請けIT育ちのフリーライターが布団の中からお送りします

【企画】キミのノートを見せてくれ!! #yournote

PCは幼馴染、スマホは愛人、それでもやっぱり手書きからは離れられないゆのきです。

私の大好きなジブリ映画、「天空の城ラピュタ」にこんな台詞があります。

「どんなに恐ろしい武器を持っても、たくさんのかわいそうなロボットを操っても、土から離れては生きられないのよ。」

この台詞を思い出すたびに、こんな風に思います。PCの性能がどんどん優秀になって、モバイル機器がどんどん便利になっても、それでもなお人は「自分の手を動かして字を書き、絵を描く」ということから離れることができないのではないか。

キミのノートを見せてくれ!!

f:id:yunokixxx:20120816184226j:plain

そんなわけで開催します、「キミのノートを見せてくれ!!」

スマートフォンがすっかり手に馴染んだあなたも、情報はEvernoteに集約しているというあなたも、きっと毎日何かしら手を動かしてノートを取っているはずです。

あなたが使っているのはほぼ日手帳かもしれないし、モレスキンかもしれません。はたまたトラベラーズノートロディア、ひょっとしたらメモパッドや書類の裏かもしれません。

書き付ける内容も人それぞれでしょう。タスクの一覧かもしれないし、作業メモかもしれません。写真を貼ったり、マインドマップを描いている人もいるかもしれません。

そんな、あなたの手のひらの温度が伝わってくるような、そんなノートを私に見せてはもらえないでしょうか?

企画への参加方法

企画への参加方法は簡単。

Twitterで「#yournote」というハッシュタグをつけて呟いてもらうだけです。

ブログ記事でも、もちろん写真だけでも構いません。見せていただいたノートは順次、Naverまとめを使ってまとめていきます。

企画の目的

この企画には2つの目的があります。

ひとつは皆が参加者のノートを見ることによって、彼らの「お気に入りのノート」や「工夫」、「補助アイテム」などを共有するということ。

そしてもうひとつは、人の手のぬくもりの感じられるノートの写真を通して、ツイートの向こうに生きている人がいることを確認すること。

「私のノート、字ばかりで面白くないと思う……」と思ったあなた。本当に字だけですか?段組をしたり、日付を入れたり、アンダーラインをひいたり、字下げをしたりしていませんか?

「私のノート、下手な落書きが描いてある……」と思ったあなた。大丈夫です、世の中にはこんな気持ち悪いイラストが描きつけられたほぼ日カズンだって存在しています。

君のノートを見せてくれ!~とある技術者のほぼ日カズン - すみっこの記
今回はその辺にいた某プログラマー君のほぼ日カズンをチラ見させてもらいました!チラ見させてもらったんですが……とんでもない混沌に足を踏み入れる羽目になりました…… ...

そして上の記事を投稿した日の私の失望の叫びをお聞きください。

企画参加時の注意点

この企画は各人のプライベートに大きく踏み込むものです。従って、個人情報や所属組織のコンプライアンスに抵触する情報が画像内に存在しないか、十分に注意して下さい

それからこれはすごく重要なことなんですが、この企画、大喜利じゃありませんからね!!

 

それでは、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

私のノートについてはこの次の記事にでも。

それでは、また。

track feed すみっこの記