読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・すみっこの記

富山生まれ下請けIT育ちのフリーライターが布団の中からお送りします

自分スタイルはDQの遊び方にすら表れていた?!「第2回アシタノワークショップ」に参加しました #ashitanoWS

大橋会館に浴衣で現れ、会場内で浮きまくっていたゆのきです。

当日のよそおい

講演中・ワーク中はたすきをかけ、懇親会では帯にスマホと名刺入れと@さんから抽選でいただいたジェットストリームを挟んで紙コップ片手に歩きまわっていたのが私です。

ふたりのプレゼンが教えてくれた、私達の夢のありか

今回は@さんと@さんのプレゼンを聞かせていただきました。

@さんのプレゼンの中では「やらなければうまくいく可能性はない(だから小さな一歩を踏み出すべきだ)」という言葉がありました。この言葉を聞いたとき、私はニール・アームストロングのかの有名な言葉を思い出しました。

これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。
(That's one small step for [a] man, one giant leap for mankind.)

引用元:ニール・アームストロング - Wikipedia

小さな、本当に小さな最初の行動でも、それは大きな夢の実現に繋がる偉大な一歩であるに違いありません。

@さんのプレゼンの中でも同様のことを感じました。@さんは「夢は憧れの中にはなく、現実の中にある」と仰っていました。夢は空に茫漠と浮かぶ雲ではありません。確かに踏みしめている地面の底に眠っているものなのです。

ワークで見えてきた私の「自分スタイル」

突然ですが、この画像をご覧ください。

f:id:yunokixxx:20120824194806j:plain

これはドラゴンクエスト10で私が使用しているキャラクターの画像です。彼は屈強な身体を持つ種族でありながらあえて僧侶という職業を選んでいます。そしてその一方で(MP吸収効果のあるスティックではなく)を武器として装備しています。

今回のワークでは「自分がどうありたいか」ということを徹底的に掘り下げることができました。そこから見えてきた「ゆのきスタイル」は以下のようなものでした。

  • 頑強な体の持ち主でありたい
  • 集団を生かし支える存在でありたい
  • 努力をし、手に取れる形で結果を出したい

これをふまえて、もう一度さっきのマイキャラの画像を見てください。屈強な身体、パーティを支える僧侶という役割、実際に攻撃にも加わることができる槍装備。まさに「ゆのきスタイル」は、ドラゴンクエスト10の遊び方に知らぬうちに表れていたのです。

懇親会で見えてきた「自分像」

前回は体調がすぐれず参加できなかった懇親会に、今回は参加することができました。

@さんに「次回は前で喋ってください」と言っていただけたのは光栄の極みです。また、現在私の復職活動中の支えとなっている『うつとよりそう仕事術』の著者である@さんにご挨拶できたのが大変嬉しかったです。

「うつ」とよりそう仕事術 (Nanaブックス)

「うつ」とよりそう仕事術 (Nanaブックス)

  • 作者: 酒井一太
  • 出版社/メーカー: ナナ・コーポレート・コミュニケーション
  • 発売日: 2011/12/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 5人 クリック: 55回
  • この商品を含むブログ (13件) を見る

今回は今まで参加してきたセミナーの中で最も「ブログ読んでます」というお声掛けをいただきました。ありがとうございます。毎日しこしこ書いている甲斐があるというものです。

そして、「浴衣着てくるとは知らなかったけど、浴衣着てる時点でゆのきさんだとわかった」とまで言われるほど、イロモノキャラが定着しているのを感じました。よろしい。このままイロモノを貫こうではありませんか。

 

次回も是非参加したいと思います。

それでは、また。

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

track feed すみっこの記