続・すみっこの記

富山生まれ下請けIT育ちのフリーライターが布団の中からお送りします

せいぞーん、せんりゃくー!世知辛い世の中だから、誰かと繋がれる趣味を持とう

普段DQ10を一緒に遊んでいる友人たちと六本木の「ルイーダの酒場」に行ってきたゆのきです。

LUIDA'S BAR(ルイーダの酒場)公式サイト 「ドラゴンクエスト」×「カラオケ パセラ」コラボレーションショップ|ホーム
ここはルイーダの酒場。 旅人たちが仲間をもとめて集まる出会いと別れの酒場・・・ ...

美味しいご飯を食べ、美味しいお酒を飲みながら、「アストルティアに住みたい」とわめく女4人。店を出てからも危うく立ち話のまま2次会に突入しそうになり、「趣味で繋がれる仲間がいるっていいなぁ」と思ったものでした。

「趣味を持つ」という生存戦略

生物が生存し続けるために行う一連の戦略行動のことである。遺伝的行動、学習的行動なども含む。

引用元:生存戦略とは (セイゾンセンリャクとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

「生存戦略」。 某アニメによって一躍有名となった単語ですが、戦後からバブル崩壊まで作り上げられてきたあらゆる構造に綻びが生じ、瓦解が起きようとしているこの世知辛い時代、私達は自分なりの「生存戦略」を持つ必要があります。その手段のひとつが「ノマドワーカー」であったり、「起業」であったりするのでしょう。


輪るピングドラム (Unstopped Penguin) 生存戦略 scene cut

そして私は、「趣味を持つ」というのも立派な生存戦略だと考えます。

仕事は私達の生活に収入をもたらします。しかし、心の潤いまで与えてくれるとは限りません。心から楽しめる趣味は、仕事がもたらしてくれるとは限らない心の潤いを与えてくれます。

私の話をしましょう。私は今、休職というかたちで仕事から離れている状態です。これまで毎日24時間の半分もの時間を捧げてきた「仕事」を取り上げられても、私には本を読み、漫画を読み、ゲームをし、文章を書くという趣味が残されていました。これらの趣味が私に人間の生活をするように仕向け、復職し再び収入を得たいという意思をもたらしてくれているのです。

もし、これで私が何の趣味も持たない、仕事だけが生きがいの人間だったらどうなっていたでしょう?おそらく私は、何もできない自分に絶望し、いっそう自分を追い詰めて、立ち直ろうという気力さえ失っていたに違いありません。

「趣味を通じて誰かと繋がる」という生存戦略

私のように故郷から遠く離れて働いていると、人間関係はどうしても仕事が中心になってしまいます。それでも、朝の「おはようございます」、夕方の「お疲れ様でした」、休憩時間の「今度飲みに行きませんか?」という会話は、社会性動物たる私達の精神を支える重要な要素です。

ところが、職場を離れてしまうとどうでしょう?朝夕挨拶をする相手もなく、誰かと約束をすることもない生活は、私達の社会性をどんどん奪っていきます。社会性動物として生きるには、誰かとの繋がりが不可欠なのです。

再び、私の話をしましょう。私は故郷から遠く離れた土地で一人暮らしをしています。その上、職場から離れてもう4ヶ月になります。幸いにも、私には趣味を通じて知り合った友人たちがいました。彼女たちと買い物や食事やカラオケに出かける「約束」を交わしていたことで、私の日数感覚やひとりの人間としての社会性は保たれましたが、もし彼女たちがいなかったらどうなっていたでしょうか。

仕事と全く関わりのない友人関係を失ってしまうと、私の世界には私と、彼氏だけが残されます。たった2人。なんと閉ざされた、狭い世界でしょうか。

繋がるためにはまず発信を

私が貴重な「仕事と全く関わりのない友人関係」を得ることができたのは、Twitterやブログ、SNSやWebサイトなどで趣味に関する情報を発信し続けてきたおかげです。

ある友人とは、彼女がやっていたドラゴンクエストのファンサイトを通じて知り合い、もう5年以上の付き合いを続けています。また別の友人とは、彼女がやっていた某漫画のファンサイトを通じて知り合い、今や彼氏の次に一緒に遊ぶ付き合いとなりました。また、Twitterを通じて知り合い、浴衣を着て一緒に出かけた女の子たちもいました。

いずれも、私がTwitterをやったり、Webサイトの感想を送ったりしなければ発生しなかった人間関係です。

これらの経験を踏まえて、私は次の4つの提案をします。

  • 趣味を持とう
  • 趣味の成果を発信しよう(Twitter、ブログ、SNS…)
  • 発信した情報から返信を受け取れるようにしよう(コメント欄、Web拍手、メールフォーム…)
  • 趣味から生まれた関係を軽んじないようにしよう

 

「趣味を持っていない」という声をしばしば耳にすることがあります。しかし、本当にそうでしょうか。帰宅後に、休日に、あなたが「ただの暇つぶし」だと思ってやっていることは本当に「ただの暇つぶし」でしょうか?

はてなブックマークで優良記事を探してブックマークするという行為は、そのままキュレーションという情報発信に繋がります。

中古で買ったゲームを次々に遊び、「前作の方が面白かった」「今作の方がシステムはいい」などと感想を持つのはゲーム評論という情報発信に繋がります。

仮面ライダーの映画を毎回見て「今回のラストは痴話喧嘩だったな……」「あの映画はよかった、話がよくまとまっていた」などと感想を持つのは仮面ライダー映画評論という情報発信に繋がります。

あなたのそれは、本当に「ただの暇つぶし」でしかないのでしょうか?

 

それでは、また。

track feed すみっこの記