読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・すみっこの記

富山生まれ下請けIT育ちのフリーライターが布団の中からお送りします

コンテンツの生産者として意識すべきこととは?「第2回つながるカンファレンス」に参加します

「すみっこの記」廃墟

小学校から高校、大学に至るまで、小説家になることが夢だったゆのきです。プログラマーという職業を選んだのも、様々な業界・業種に触れることができ、小説のネタになると思ってのことでした。

コンテンツの生産者と消費者

昔から不思議に思っていることがあります。

とあるゲーム――ここでは仮に「ドラゴンクエスト10」としましょう――を遊ぶ人はいくつかの傾向に分かれていきます。

ある人は単にエンディングまでシナリオを進めて満足します。またある人は徹底的にやりこんで最強のプレイヤーキャラクターを作ることに情熱を燃やします。

ある人はただ遊ぶだけに留まらず、「どんな風にプレイしたか」「どんな風に感じたか」をブログに書き記します。またある人は誰に頼まれたわけでもなく攻略情報をまとめたサイトを作ります。

ある人はプレイしながら妄想したことをイラストや漫画に書き起こします。またある人はドラゴンクエスト10の舞台である「アストルティア」という世界に対して考察を深め、二次創作小説に昇華します。

ある人は他人のプレイ日記を楽しむでしょうし、またある人は攻略サイトを活用するでしょう。ある人は他人が描いたイラストを右クリック保存し、またある人は他人が書いた小説を読み耽るでしょう。

同じドラゴンクエスト10を楽しむのに、コンテンツの「生産者」と「消費者」に分かれていくのは何故なのでしょうか。コミックマーケットを中心とした「同人」というマーケットが存在しますが、そこでも人は「描(書)き手」と「読み専」に分かれるといいます。これはどうしてなのでしょう。

私は生産者になりたい

最初に述べた通り、私はただ単にコンテンツを消費するだけでなく、生産する人間でありたいと思い続けてきました。その気持ちの現れが仕事で作ってきたものであり、過去に作ったブログやWebサイトやTwitterであり、このブログです。

私は物心ついた頃から生産することで「好き」を発散してきたので、消費することだけで「好き」を消化できる人の気持ちにはなれません。(これは決して消費するだけの人を見下すつもりはなく、あくまでその立場に立って考えることができない、という意味です。)ただ、生産者であるからには良質なコンテンツを提供できる人間になりたいと思っていることは確かです。

第2回つながるカンファレンスに参加します

コンテンツを生産するとき、最初は「コンテンツを作りだせること」だけでも喜びを感じることができます。じきにそれは「他人に見てもらいたい」という欲求に変わり、「誰かに評価されたい」という欲望に変貌します。そしてやがては、「コンテンツを通して誰かと交わりたい」という願望を抱くようになります。

今の私はまさに「誰かと交わりたい」と望んでいる状態です。現にTwitterで呟いた言葉やブログの記事は様々な人と私に交流を与えてくれました。これをもっと広め、もっと深める方法にはどんなものがあるだろう?……そんなことを考えるために、「第2回つながるカンファレンス」に参加します。

9月29日 第二回つながるカンファレンス(東京都)
テーマ:つながるコンテンツの作り方 個人の情報発信というキーワードで、SNSやブログでの 個人による情報発信メリットや活用方法について一緒に学んでいきます。 特に個人で情報発信を始めたばかりの人、発 ...

主に「アシタノレシピ」主宰メンバーが中心となって開催されている「つなカン」も東京開催は2回目となりました。テーマは「つながるコンテンツの作り方」。まさに私の求める答えのヒントを与えてくれるに違いありません

 

今回は前回参加者のプレゼンがあるそうですね。いつか、プレゼンとはいわずとも、5分程度でいいのでLTをやらせていただけないかな……と思っています。
今回はだいたいこんな格好で参加いたします。

f:id:yunokixxx:20120929061619j:plain

妙にスカートがかさばっているロリータが目印です。お気軽にお声をおかけ下さい。また、何度かお会いしたことがある方でも、私は大変お顔とお名前を組み合わせて覚えるのが苦手なので、失礼なことを言うかもしれません。お許し下さい。

 

それでは、また。

 

track feed すみっこの記