読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・すみっこの記

富山生まれ下請けIT育ちのフリーライターが布団の中からお送りします

【同人者のためのEvernote活用講座】Evernoteを一般参加に活用する #doujinhacks

f:id:yunokixxx:20121015153307j:plain

f:id:yunokixxx:20121015154702g:plain f:id:yunokixxx:20121015154723g:plain

サークル参加者だって通路に出れば一般参加者

同人誌即売会(以下、イベント)サークル参加者と一般参加者を隔てているのは、同人誌やグッズが所狭しと並ぶ机一列だけ。一旦通路に出てしまえば、サークル参加者も一般参加者も関係ありません。買いたいものを買い、会いたい人に会い、話したい人と話すには入念な事前準備が必要です。

一般参加に伴うふたつのタスク

一般参加には大きく分けてふたつの準備が必要です。ひとつは荷物の準備。もうひとつはサークルチェック。それでは、今回もテンプレートを作成してみましょう。

荷物の準備

イベントに一般参加する場合の持ち物は案外少なく、また毎回ほとんど変わりません。以下のようなテンプレートを作成し、イベントに参加する度に「ノートをコピー」して追記するとよいでしょう。

他にも作家さんへのお手紙やプレゼントがある場合は追記してください。

f:id:yunokixxx:20121024200858j:plain

サークルチェック

好きな作家さんのスペースがどこで、どの本を買わなくてはいけないのかは誰もが事前にチェックすることと思います。特に最近では、Pixivを利用した新刊・スペース報告が多くなっています。

f:id:yunokixxx:20121024202005j:plain

実際にサークルリストを作成する場合、上記のように以下の項目をチェックボックス形式でリスト化しておくとよいでしょう。スマートフォンアプリを使って、1スペース回る度にチェックボックスにチェックを入れていくのです。

  1. ホール(ビッグサイトやTRC、インテックス大阪などの大規模会場の場合)
  2. スペースNo.
  3. サークル名
  4. 本のタイトル

ここでのポイントは、本のタイトルにPixiv等での告知ページのURLをハイパーリンクで付加しておくことです。こうすれば買い逃しがあった場合でも告知ページを後日再確認することによって、その本が書店委託や自家通販対象となるか確認しやすくなります。また、通販で購入する度にチェックを入れれば買い逃しを無事買えているかどうかの確認もできます。

コミックマーケットでのEvernote使用について

コミケのように、3G回線に電波障害が発生するほどのイベントになると、スマートフォンアプリでのサークルリスト確認が難しくなります。その場合は前もって印刷機能を利用してノートを印刷しておきましょう。このとき紙にペンでチェックを入れることになりますが、買い逃しがあった場合は帰ってから結果をEvernoteのノートに反映させることをおすすめします。

 

サークルリストには、人によっては「手紙を渡す」「差し入れを渡す」などのメモを書いておくと「ああっ、あの人とお話ができなかった!」という悲劇が起こらずに済むと思います。

それでは、また。

track feed すみっこの記