読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・すみっこの記

富山生まれ下請けIT育ちのフリーライターが布団の中からお送りします

【同人字書きのためのOOo tips】OpenOffice.org Writerで縦書き段組み原稿を作る #doujinhacks

f:id:yunokixxx:20121015153307j:plain

f:id:yunokixxx:20121015154702g:plain

以前使っていたWindowsXPから現在のWindows7に引っ越してくる時に、Office製品を購入しなかったゆのきです。しかし字書きにとって文書作成ソフトウェアは必須アイテム。私はMicrosoft Wordの代わりにOpenOffice.org Writer(以下OOo)を使用しています。

Apache OpenOfficeのダウンロード
Apache OpenOffice 3.4.1 日本語版のダウンロード ...

しかしこのOOo、拡張プラグインなしでは日本語の書式がほとんど想定されていないため、多少癖があるのです。

OpenOffice.org Writerで縦書き原稿を作る

ページを縦書きにすること自体は簡単です。メニューの「書式」→「ページ」を選択し、ダイアログの中の「ページ」タブで縦書き・横書きの切り替え(と、ついでに用紙サイズの変更)を行うことができます。

f:id:yunokixxx:20121030183250j:plain

f:id:yunokixxx:20121030183304j:plain

OpenOffice.org Writerで段組みをする

ところで、皆さんはどのような形式の原稿を書くことが多いでしょうか。私の場合、個人誌であればA5サイズ縦書き2段、合同誌・アンソロジーであればB5サイズ縦書き3段であることがほとんどです。そして、OOoを使い始めて最初にぶち当たった壁が、この段組みだったのでした。

では縦書き2段にする場合の調整方法をご紹介しましょう。

f:id:yunokixxx:20121030183830j:plain

縦書きにしたときと同様に、「書式」→「ページ」を選択し、今度は「段組み」タブを選択します。

  1. 「段数」を「2」に変更する
  2. 「幅自動調節」にチェックを入れておく
  3. 「間隔」を適当な数値に変更する

f:id:yunokixxx:20121030184138j:plain

はい、これでA5縦書き2段の原稿が出来上がりました。

OpenOffice.org Writerで縦書き段組原稿の字数と行間の調節を行う

縦書きにすることはできた、2段にすることもできた。しかしそれだけでは見辛い、もっと見やすい誌面にしたい。……皆さんはそう考えるに違いありません。より見やすい誌面にするために、字数と行間の調節を行いましょう。

f:id:yunokixxx:20121030185110j:plain

「書式」→「ページ」を選択し、「行数と文字数」タブを開きます。

  1. 「行数と文字数を指定する」を選択する
  2. 「ページ単位の行数」を指定する
  3. 「行単位の文字数」を指定する
  4. 「1文字の最大サイズ」を指定する

この中で注意すべきなのは、「行単位の文字数」の指定方法です。ここで指定する数値は、上下段+間隔に入る文字数分にしてください。

そしてこれだけでは終わりません。これだけでは不自然に途切れてしまう箇所が出てきてしまいます。それを避けるには、段落の制御が必要です。

f:id:yunokixxx:20121030190218j:plain

「書式」→「段落」を選択し、「インデントと行間隔」タブを開きます。

  1. 行間を「固定」にする
  2. 数値を適当な数値に調整する

f:id:yunokixxx:20121030190348j:plain

これで、適度に行間のあいた誌面が実現しました。

 

OpenOffice.orgはフリーウェアですし、Microsoft Officeとの互換性もあります。Excelの代わりにCalcが、PowerPointの代わりにImpressがあります。これからPCを購入する人は導入を検討してみてはいかがでしょうか?

それでは、また。

track feed すみっこの記