続・すみっこの記

富山生まれ下請けIT育ちのフリーライターが布団の中からお送りします

TVゲームにチェックリストを活用する

ドラゴンクエスト10の職人システム

ドラゴンクエスト10には「職人システム」が存在します。世界各地に「職人ギルド」が存在し、そこのギルドマスター(NPC)に認定されることによって武器や防具の製造、(武器や防具に付加効果を追加する)錬金術、そして職人道具そのものの製造をする「職人」になることができるのです。

「職人」になったプレイヤーは毎日ギルドから仕事の依頼を請け負うことができます。武器鍛冶職人であれば「どうのつるぎ」や「てつのヤリ」といった装備品の製造依頼を受け、作った装備品を納品することでいくばくかの報酬金を得ることができます。

f:id:yunokixxx:20130425190558j:plain

職人仕事にチェックリストを導入する

私はこのギルドからの仕事の依頼を効率よくこなすために、チェックリストを使っています。このとき、TODOアプリとして「Checkpoc」を使用しています。

Checkpoc
Zealpockets
価格:undefined  平均評価:4.4(104)

私の場合防具鍛冶職人と武器鍛冶職人のキャラクターを操作しているので、チェックリストのタイトルは「2013-04-25 武器」のように、日付と職種を含んだものにしています。
そうして作成したチェックリストに依頼品の名前を追加していき、製造したものからチェックを入れていきます。

f:id:yunokixxx:20130425190152j:plain

チェックリストを用いる利点

チェックリストを用いる利点は少なくともふたつあります。

ミスの防止と効率化

ひとつめの利点は、チェックリストを用いることで作るべき装備品を間違えずに済むことです。

依頼品は少ないときでも3種類、多いときでは5~7種類提示されます。その全てを頭で覚えておこうとすると、「てつのつるぎ」を作るべきところで「てつのヤリ」を作ってしまうようなミスが発生するかもしれません。また、提示された依頼品を覚えておくことができずに、ひとつ作ってはいちいちギルドマスターに訊ねに行くというのは、いかにも非効率的です。

チェックリストを使用することで、ミスによる限られた装備枠の圧迫や素材のロス、そして時間の無駄を避けることができるのです。

未完了チェックリストを用いた傾向分析

ふたつめの利点は、未完了のチェックリストを残しておくことで依頼の傾向を分析することができることです。

f:id:yunokixxx:20130425190306j:plain

職人仕事には「レシピ」を覚えておく必要があります。このレシピは店で買えって覚えられるものだけでなく、家や城の本棚を調べることで覚えられるものや、モンスターがドロップするものが存在しています。

もしレシピを知らない依頼が提示された場合、チェックリストは未完了のまま残ることになります。私がCheckpocを好んで使用している理由は、全て完了したチェックリストはチェックリスト一覧画面で非表示になり、未完了のリストだけが表示されることです。

こうして未完了のリストが溜まっていくと、「ギルドで依頼される頻度が高いのに覚えていないレシピ」が何であるか知ることができるのです。次に覚えるべきレシピが分かったら、それが新たな冒険の第一歩になります。

 

今回はドラゴンクエスト10での例を挙げましたが、同様のイベントは他のゲームにもあるのではないでしょうか。是非効率的な冒険にチェックリストをお役立てください。

それでは、また。

track feed すみっこの記