続・すみっこの記

富山生まれ下請けIT育ちのフリーライターが布団の中からお送りします

ブロガーとかいうぐう変態

以下の記事を読みました。

 ブログを書くことってそんなに素晴らしいか? - 基本ライトノベル
ブログ論を書くような人は基本的にブログを続けていて、何でもネタにできる強靭さを持った人たちだ。 そういう人たちの書くブログ論はアウトプットに肯定的なものになり、なんだかブログを書くことが素晴らしいも ...

ブログ論を書くような人は基本的にブログを続けていて、何でもネタにできる強靭さを持った人たちだ。

そういう人たちの書くブログ論はアウトプットに肯定的なものになり、なんだかブログを書くことが素晴らしいもののように思えてくる。でもアウトプットってそんなにいいもんか?

引用元:ブログを書くことってそんなに素晴らしいか? - 基本ライトノベル

ブログを書くのはえらいことか

ブログを書くようになり、またブロガーとリアルで交流を持つようになって1年以上経ちましたが、正直なところブログを書いている人間というのは「ごく少数の変態」だよね、と思っています。

何しろ、自分の考えたことを誰でもアクセスできる、半永久的にアーカイブされるネットの海に放流するのです。余程自己顕示欲が強いか、露悪趣味の持ち主か、自意識過剰か、公衆の面前で行う自慰を快楽と感じる破廉恥な輩に違いありません。そうでないならきっと阿呆です。

第三者にとって声を上げない人は存在していないのと同じ

「あとがき」と「無料配布」と作者の所在地 - すみっこの記
上で述べた「あとがき」と「無料配布」の例に共通していえることは、読者は作品を通して初めて作者に興味を持つということです。第三者にとって作品がないところには誰も人間がいないのと同じなのです。 ...

上の記事でも述べたのですが、私たちはアウトプットを通してでしか他人と意思の疎通を図ることができません。アウトプットがなければそこには誰もいないのと同じなのです。これは「誰かが言葉にしない限りその意見は存在しないのと同じ」だとも言い換えることができますし、極端な話「声の大きい人の意見が目立つ」というのが実際のところだと思います。

「アルファブログ」という宗教

「ブログを書くのはとてもいいことだ」というアルファブロガーの意見を真に受けてブログを始めたものの、すぐに書くのをやめてしまったり、書くことが思いつかなかったりと挫折し、悔いている人がいるとしたら、私は今すぐそこへ行って「大丈夫、あなたはまともだっただけですよ」と手を握りたいです。

その挫折は自己顕示欲が強いわけでもなく、露悪趣味なわけでもなく、自意識過剰なわけでもなく、ましてや人前で自慰を成せるような破廉恥な人間ではなかったということの証です。

「アルファブログ」というものはどこか宗教じみているところがあります。「ブログ」という誰にでも手が届く媒体で、一般市民が衆目を集められるそれは一見すぐに真似ができそうです。しかし「ブログ」に「アルファ」という冠が載せられるには、書き手の信念や才能や運や技術や努力やとにかくなにかそういったものが必要になります。

ようこそ変態の世界へ

とはいえ、ブログというかたちのアウトプットが多くのメリットを秘めていることは事実です。元記事の方が述べている通り、以下の言葉に尽きます。

まあ、ようはバランスが大事だということだ。ブログを書くのが素晴らしいと書く人は、あまりその負の側面について書く人がいないので。ブログを書くのにこんな不利がある、と書くブログがそもそも存在しないし。誤解を招くといけないが、書くことの素晴らしい面はたくさんある。

引用元:ブログを書くことってそんなに素晴らしいか? - 基本ライトノベル

もしブログを始めたいと思っている人がいて、「上手く書けるだろうか」「ネタがあるだろうか」などということが気懸かりだとしたら、そんなものは一旦脇へ置いておいて、こういうことを考えるべきだと私は考えています。

「パンツをかぶって道を歩く覚悟はあるか?」

私はできています。あなたはどうです?

HK/変態仮面 ノーマル・パック(仮)[DVD]

HK/変態仮面 ノーマル・パック(仮)[DVD]

それでは、また。

track feed すみっこの記