読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・すみっこの記

富山生まれ下請けIT育ちのフリーライターが布団の中からお送りします

文系大卒5年目プログラマが後輩にしたくない新人ランキング

うちの会社は本社が地方にあり、新人は一旦本社で1~3ヶ月研修を受けた後に各事業所に出荷されます。というわけで今年も、就職活動の厳しい荒波に揉まれ波間にたゆたう板切れがごときわが社にしがみついた新人たちが、東京事業所にやってきました。

ところで私は今の会社に新卒で入社し今年で5年目になります。自分たちの代を含め、五つの代の「新人」を見てきましたが、後輩として配属されてくると(時には同期としても)困惑してしまう「クラスタ」が存在します。

今回は私の学歴コンプにまみれた「後輩にしたくない新人」ランキングを紹介します。

ちょっと困惑するレベル

5位 ギャル

総務なんかに配属されるお嬢様系短大卒のギャル系ファッションの女の子は何となく苦手です。気配りができればできるほど、明るければ明るいほど苦手です。何故なら私が華やかな女の子に対してコンプレックスを持っているからです。

「ゆのきちゃんは彼氏がいるのにリア充じゃないよね」と言われたことがある私にはその姿は眩しすぎる。やめろっ、私に微笑むなっ……!話しかけるなっ……!!

4位 高偏差値大学卒

うちの会社は小規模ではないが中規模でもない、孫請け案件の多い企業です。実際就職が楽だった私の代まではいわゆるFラン~地方国立大学出身者が多かったのですが、最近の新人の出身大学の偏差値は上がる一方です。

理科大とか東工大を卒業してうちの会社に来た新人を見ると、その背景を考えてしまいます。何でここに来たんですかねぇ……?

地雷臭を感じるレベル

3位 院卒

経験上院卒の人は博打率が高いです。向学心から院に進学した人だと良いのですが、モラトリアムを延長するために院に残ったタイプの人はコミュニケーション面に難がある人が多いです。そのくせ修士号・博士号を持っているためプライドだけは高い。給料も高い。

即戦力だった情報系専門卒の同期の口からは、即戦力にならない院卒との待遇の違いについての愚痴がよく聞かれました。

正直後輩に欲しくないレベル

2位 情報系専門卒

孫請け企業にとって情報系専門卒というのは文字通り即戦力になる人材です。ぶっちゃけ文系大卒5年目よりよっぽどプログラムをがりがり書けます。そして文系大卒5年目の立場をなくします。

こういう人材を後輩に持つと、文系大卒はドキュメント作成能力と経験とハッタリを盾に恐々としながら過ごすことになるのです。

1位 情報系院卒

2位の情報系専門卒の上位互換機です。しかも3位の院卒との合わせ技です。下手すると私より年上です。もうね、プログラムに関しては戦う気が起きません。もうプログラミングは全部君がやってくれたまえ、私はドキュメントを書く。

個人の性格に拠るところが大きいとは思うのですが、このクラスタにはプログラミングができることだけを重んじ、自分よりプログラミングに詳しくない先輩を軽視する人が散見されます。

しかし勿論プログラマの仕事はプログラミングだけではありません。要件定義も顧客との折衝もドキュメント作成もタスク管理も含めて「仕事」です。

せめて、人間らしく

先輩社員というのは新人に「即戦力」を期待してはいけないと思っています。戦艦になるか、駆逐艦になるか、軽巡洋艦になるか、はたまた空母になるかは、これから始まるその人のシステム屋人生の中で決まること。

それを踏まえたうえで先輩社員が新人に求めることがあるとすれば、人間として最低限のスキルを持っていてくれということだけです。

できないことはできないと認める。自分の間違いは自分の間違いと受け止める。そういった人間として当然のことができる人であってくれ。そう思って先輩社員は新人たちを見守っています。

それでは、また。

艦隊これくしょん -艦これ-

track feed すみっこの記