読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・すみっこの記

富山生まれ下請けIT育ちのフリーライターが布団の中からお送りします

業務委託で働いていて給料から差し引かれるあのアレ

現在の職場に業務委託として参加して初めてのお給料を貰いました。

f:id:yunokixxx:20140222211643j:plain

お給料を貰うまでの流れ

私がお給料を貰うまでの流れは以下の通りでした。

  1. 契約先のフォーマットに沿った請求書を作成
  2. 契約先の上長に提出
  3. はたらく
  4. 支払日にこちらが指定した銀行口座にお給料が振り込まれる

支払日に入出金明細を見てみると……

ちょうど社会保険料(任意継続)を支払わなくてはならなかったので、支払日当日に口座からお金を下ろしたのですが「あれ……何か少ない気がする……」。

入出金明細を確認すると、入金額は私が請求した額よりも1割ほど少ないではありませんか。

1割の正体は源泉所得税

契約先に確認したところ、源泉所得税と復興特別税、あわせて10.21%が請求額から引かれているということでした。

内訳は以下の通りだそうです。

「復興特別所得税」の源泉処理にご注意を! - 茨城NPOセンター・コモンズ
「復興特別所得税」が平成25年1月1日より導入されています(平成49年12月31日まで)。これによって給与や謝礼金を支払う際の源泉徴収が、復興特別所得税所得税額の2.1%相当額)を併せて徴収すること ...

 

ということは年末には源泉徴収票がもらえるのでしょうか。乞うご期待。 

 

track feed すみっこの記