続・すみっこの記

富山生まれ下請けIT育ちのフリーライターが布団の中からお送りします

浴衣の着付けをグッと楽にしてくれるアイテム3点+α

浴衣の季節ですね。「浴衣 付け襟」などのキーワードで検索エンジンからこのブログを訪問する方も増えているようです。
http://instagram.com/p/p--Ry4E6Tt/
今回は日常的に浴衣を着る身として、皆さんにオススメしたいアイテムを紹介したいと思います。

これがあれば着付けも素早くキレイに!

ウエストベルト

衿先の上を持って裾を合わせた後に結ぶ腰紐。モスリン製のものが一般的ですが、結んでいる間に背中の部分が崩れてくるなど、着崩れ易い箇所です。
そこで替わりに使うと便利なのがこのアイテム。

使い方は簡単。右手で腰の右側に持ち、ぐるりと腰に巻いて留めるだけ。これがあるだけで着付けはグッと楽になります。

コーリンベルト

腰紐……もといウエストベルトを締めておはしょりを整えた後、あると便利なのがコーリンベルトです。

左の身八つ口から手を入れて右側の衿を挟み、背中にぐるっとまわして左側の衿に挟みます。背中や胸元がキレイになるよう整えましょう。
衿元は崩れやすく、見苦しくなりがちですが、それが大幅に改善されます。

マジックベルト

帯を締める前にもう一度腰紐、あるいは伊達締めで腰を締めますが、代わりにこちらを使うと着付けの際も、着てからも快適です。

ポイントはある程度伸縮性があるところ。
浴衣を着るのに気合が要る原因のひとつが「苦しい」ことだと思うのですが、ウエストベルトといい、マジックベルトといい、モスリンの腰紐よりも伸縮性があるため、帯を締めてもそれほど苦しくありません。

もっと気軽に着るには

浴衣用スリップ

浴衣を着る場ではどうしても汗をかきやすいものです。限られた季節にしか着られない浴衣は大事に扱いたいもの。
浴衣用スリップを着れば汗の処理もしやすく、着崩れも避けられます。

着物用ハンガー

花火大会で雨に振られたり、ビアガーデンで汗をかいたりした浴衣をきちんと広げて干すのに、着物用ハンガーがあると便利です。

特に伸縮式の帯掛けつきのものが扱いやすくてオススメです。

今回紹介したアイテムは、もちろん着物の着付けにも使えます。
それでは皆様、まだまだ続く浴衣の季節を楽しんでまいりましょう。

track feed すみっこの記